BUSINESS事業内容

Retention work土留工事

土留め工事とは地下の基礎工事中に周辺の地盤や建物が崩れないよう
支えとなる構造物をつくる工事です。

土の中には水分も多く含まれており、不確定な要素が多いことから、計画や施工は慎重に進めることが重要で費用や時間がかかるため、
現場のさまざまな条件によって最適な工法の選択が必要です。

バイブロハンマ工法

バイブロハンマとは

バイブロハンマとは、対を成す偏心重錘を同位相で逆回転させることにより上下方向の力(起振力)を発生し、これを把持装置を介し杭や矢板に伝えて上下振動させ、根入れ地盤の抵抗を低減することにより杭や矢板の打込み・引抜きを行う装置です。

バイブロハンマ工法

バイブロハンマ工法の特長

打込み速度が速く、打込みと引抜きの両方ができ短時間で経済的な施工が可能

鋼矢板・鋼杭・コンクリート矢板等、施工対象材料を選ばない

陸上施工・水上施工のいずれのスペースが限られた場所でも、小規模な設備で効率的なクレーン施工が可能

アタッチメントを取り付けることにより、ハット形鋼矢板や鋼管杭など、様々な杭種の施工を行うことができる

圧入工法

圧入工法とは

シートパイルの圧入・引抜を行うための工法。地中に施工した反力杭(シートパイル)を数本クランプで掴み、引抜抵抗力を反力にして油圧による静荷重で次の杭を押し込んでゆく工法です。

油圧圧入工法

圧入工法の特長

静荷重で杭を押し込む方式のため、騒音や振動などの建設公害を発生させない。
圧入機は軽量コンパクトなため、工事の影響範囲は最小限に抑えられる。

圧入機は常に圧入した杭につかまっているため、原理的に転倒の危険性がない。
工場生産された既製杭を直接圧入するため、高品質な完成杭を安定して構築できる。

圧入機は小型で圧入工程はシンプルなため、複数機の同時稼動に適し工期を短縮可能
規制の厳しい地域や夜間でも工事時間帯の制限を受けることなく施工できる。

工事の影響範囲が狭いため、交通渋滞などを発生させず地域の経済活動を阻害しない。
目的の機能に合った杭を工場生産し、現場作業を合理化することで効率化が図れる。

圧入杭を正確に制御できるため、複雑な施工形状でも高精度に構築できる。
施工中の杭の性能を確認・制御できるため、高品質な完成杭を構築できる。

上部障害クリア工法

上部障害クリア工法とは

上部障害クリア工法は、橋梁下や高圧電線下などの従来機では施工困難な空頭制限下での施工を低空頭専用樹「クリアパイラー」を用いて鋼矢板や鋼管矢いたあどの圧入を可能にする工法です。

上部障害クリア工法

上部障害クリア工法の特長

空頭制限下で、卓越した圧入施工性能を発揮

現況の都市機能を阻害することなく短工期での施工が可能

高い経済効果と環境負荷の低減

店頭の危険性がなく、高い安全性を実現

G.R.Bノンステージング工法

G.R.Bノンステージング工法とは

ノンステージング工法は圧入工程に関わる施工機械すべてが完成杭の天端を作業軌道として進んでいく「GRBシステム」を用いることで、建設工事における無駄な仮設工事を不要とし、本来の目的である壁体構築工事だけを合理的に行う「仮設レス施工」でシステムは軽量・コンパクトなため、住宅密集地での水路改修工事や鉄道近接工事、交通量の多い幹線道路での拡幅工事などにおいても、流路断面や現況交通を阻害することなく、工期・工費の削減が可能となる工法です。

G.R.Bノンステージング工法

G.R.Bノンステージング工法の特長

仮設レス施工を実現

従来工法では施工困難な厳しい条件下での施工を実現

環境に配慮した施工を実現

転倒の危険性がなく、高い安全性を実現

H鋼圧入工法(パワープレス)

H鋼圧入パワープレス工法とは

N値が低い(N=10以内)地盤であれば圧入だけで打ち込むことができ、セメントミルク工法と比べて打設スピードが速く、プラントや発電機などの機材や材料が不要となり公費の節減、人員の削減ができます。又、残土の発生がない為、現場がきれいに施工できます。

セメントミルク工法

パワープレス工法の特長

1ストローク(往復1m)10秒でチャックが上下し施工能率が向上

油圧シリンダーにより杭材を地盤に圧入しますので無振動で施工ができ、周辺地盤の緩み等がなく環境にあった施工が可能

H銅のフランジ部をチャックしますので、壁際ゼロに打ち込む事が可能

工法の選定フロー

工法の選定フロー図
page top